用途別おすすめAI

【無料】AI小説が書けるおすすめアプリ7選!AIで物語がかけるライターツール

※ 記事内の情報は2024年4月時点のものです。

※ 場合によっては使える機能が異なる場合があります。

 

小説の執筆に使えるAIが気になる。。。
小説や物語を書くのに最適なAIツールは?どれを使えば良い?

 

AI技術を駆使して小説や同人誌、物語を自動的に描きたい人必見!
この記事では、小説作成や文章生成を自動で行うAIツール5選を紹介します。

面白くて読み応えのある小説をAIが作り出せるか、実際に試してみましょう。

当サイトの特徴

生成AIに詳しくない初心者でも理解しやすいように、図解を用いた丁寧な解説を徹底!
難しい専門用語や基礎知識を知らなくても、簡単に生成AIやAIツールが使えるサイト構成となっています。

【生成AIの専門チームが監修】実証実験を用いた信頼性の高い情報を発信

【生成AIの専門チームが監修】実証実験を用いた信頼性の高い情報を発信

AIオタクLABOは、プロフェッショナルチームによる生成AIの専門メディアです。
常時100個以上の有料/無料で使える生成AIをテストし、実際に使用可否を検証。

実証実験をもとにした的確なデータを参考にし、記事作成を行なっています。

●AIオタクLABOの信頼性

生成AIの検証に費やした時間

9,200時間+

これまでに検証したAIツールの数

143個

AIを使用して作成した画像の枚数

17,213枚

生成AIツール速度調査の回数

8,870回+

※最終データ更新:2024年4月
※上記画像はCanva AIAnime Geniusで制作

【無料で使える!】AI小説が書ける文章自動作成のおすすめツール7選

音楽制作に最適!音楽生成AIのおすすめツール|作曲やマスタリング可能

AI小説アプリやソフトと言っても、ツールによってその特徴はさまざま。
以下では、自動で小説を作成してくれる5つの無料AI小説作成ツールを紹介していきます。

日本語対応の文章執筆ツール|Frase.io

Frase.ioは、AIをフル活用したライティングから校正、分析までをシームレスに実行できる高機能なコンテンツ作成プラットフォームです。

Frase.ioは、AIをフル活用したライティングから校正、分析までをシームレスに実行できる高機能なコンテンツ作成プラットフォームです。

リライト機能も充実しており、既存のストーリ改訂にも最適。
日本語にも対応しており、キーワード分析や記述内容の調査も可能なので、新しいストーリーの作成にも役立ちます。

主な特徴

  • ライティングから分析まで一貫したワークフロー
  • AIライティングとコンテンツ最適化の両立
  • 豊富な言語資産を基にした文章生成

Frase.io 公式サイト

【Frase】使い方や評判の詳細レビューはコチラ

 

Quillbot(クイルボット)|日本語対応

Quillbotは先駆的なAIリライターの一つで、基本機能が完全無料で使える点が大きな魅力。

Quillbotは先駆的なAIライターの一つ。

基本機能が完全無料で使える点が大きな魅力で、誤字脱字チェックやワード書き換え機能が秀逸です。
リライトしながら生成コンテンツのクオリティを向上させたい方に最適なツールと言えるでしょう。

主な特徴

  • 7つのリライトモードを搭載(無料で2つ利用可能)
  • Word Flipperで単語ごとの入れ替え設定が可能
  • シソーラスによる最適な同義語の推薦
  • 文法チェックや要約生成といったコンテンツ最適化ツールも搭載
  • GoogleドキュメントやMicrosoft Wordとの連携

Quillbot 公式サイト

 

日本語の小説が書ける|AIのべりすと

「AIのべりすと」は、瞬時に自然な日本語の小説を生成AIです。
ユーザーはデフォルト、セリフ重視、ナラティブ重視から選択でき、文章のスタイルをカスタマイズ可能。

月額900円のプレミアムプランに登録すれば、専用サーバーの利用や最新のAI技術へのアクセスが可能になります。

主な特徴

  • 設定オプションが豊富
  • 自然な文章生成
  • 生成文字数が約420文字と限られている
  • 無料サーバーが時折混雑する

 

AIとの対話形式で物語が作れる|AI BunCho

「AI BunCho」は、小説の本文生成にとどまらず、あらすじ作成やタイトル生成機能を提供しているのが特徴です。
このツールを使えば、あらすじを基にプロットを立て、小説のアイデア出しに役立てることが可能。

さらに、「AIリレー小説」機能を利用することで、自身の思いつきを超える創造的な内容を小説に取り入れることが可能になります。

主な特徴

  • 豊富な機能性
  • タイトルとあらすじの生成が無料プランで利用可能
  • プロット生成機能は、月額1500円からの有料プラン加入が必要

あらすじを生成する際には、関連キーワードを入力するだけで、手軽に様々なあらすじ案を得ることができます。

 

AIで小説や挿絵を自動生成|Canva

Canvaは、そのテンプレートやデザイン機能で広く認知されていますが、自動作文機能も提供しています。
この機能はCanvaの「Doc」ツールを使用しており、小説や資料の作成を自動でサポート。

特に、文書のトーンを「もっと楽しく」や「もっとフォーマルに」といった具合に調整できる機能は非常に便利。
小説を書く際やビジネス資料やプレゼンテーション作成時など、トーンを調整して的確な文書を生成することができます。

主な特徴

  • 使用回数に制限はあるものの、無料プランで多くの機能が利用可能
  • 文書のモードを自由に切り替えられる
  • スペリングの修正機能がある
  • 文章生成はサブ機能のためクオリティは普通
  • 利用にはログインが必要

「デザイン作成」から「Doc」を開いて生成

Canvaで自動作文を始めるには、「デザイン作成」から「Doc」を開き、「+アイコン」にカーソルを合わせ、「マジック機能を追加する」をクリック。
5つ以上の単語を入力することで、文章が自動で生成されます。

>>>【関連】PDFの編集や要約ができるオススメのAIツール

 

小説も書ける最強のAIチャットボット|ChatGPT

「ChatGPT」はAIチャットボットとして世界的に広く認識されており、文章生成AIの先駆者的存在です。
小説作成に特化したAIツールではありませんが、AI界をリードする生成AIとして独創的な物語を創り出すことができます。

主な特徴

  • 利用は無料
  • 最強の文章生成AI
  • 利用にはアカウント登録が必要
  • 小説作成専用のサービスではない

 

10倍速で記事や小説が書ける|Catchy

Catchyは、100種類以上の生成ツールを搭載しており、記事作成、マーケティング、キャッチコピー生成など幅広い用途に対応しています。
特に小説制作に関しては、「導入」「ストーリーの土台」「物語の進行」といった多彩な機能を提供。

文章のトーンを「丁寧」「カジュアル」「大胆」から選択でき、小説の雰囲気を自在に変えたり、新しいスタイルを試すことができます。

主な特徴

  • 文章のトーンを選択可能
  • 多様な生成AIツールを利用可能
  • 利用にはログインが必要

 

AIで小説を書くメリットとデメリット

AIで小説を書くメリットとデメリット

AIによる小説執筆は、新たな発想や視点に触れられる点で非常に魅力的。
AIの能力を利用することで、迅速に概要やプロットを得ることが可能となり、これらは小説の執筆過程における重要な参考材料となり得ます。

内容が矛盾したり意味不明な文章になるリスク

しかし、AIのみに依存して小説を書き上げることにはリスクも伴います。一つには、内容が矛盾したり意味不明な文章になる可能性があります。
そのため、AIを利用する際はあくまで補助ツールとして活用し、細部の編集や文章の流れは自身で行うことが推奨されます。

情報の正確性や信頼性の問題

また、使用するAIによっては、提供される情報の正確性や信頼性に問題がある場合があります。
そのため、AIが提供した情報や内容をそのまま使うのではなく、情報の出典を確認したり、著作権に抵触する引用がないか慎重にチェックする必要があります。

 

AIを活用した小説執筆にはメリットもあればデメリットもあります。
しかし、創造的なアイデアの源泉として利用したり、作品の校正を補助するツールとして上手に活用することで、その潜在能力を最大限に引き出すことができるでしょう。

 

AI小説の著作権について

AIで小説を書けることは非常に便利ですが、「AI小説の著作権ってどうなるの?」と不安に思う人も多いはず。
ここからは、AI小説の著作権に関して解説します。

現状、AIによって生成された作品は著作物とは認められていない

著作権法では、著作物を「思想や感情を創造的に表現したもの」と定義しており、それが文学、学術、美術、音楽などの範疇に属することが必要です。
現在のところ、AIによって生成された作品は「思想や感情を創造的に表現したもの」とは見なされていないため、従来の意味での著作物とは認められていません。

趣味レベルでは問題ないが、出版する場合は法的なチェックが必須

それでも、AIで生成された小説を使用する際には慎重に行動することが重要です。
AI小説を提供するウェブサイトやサービスの利用規約を事前に確認し、問題がないことを確かめてから使用するようにしましょう。

趣味レベルでの執筆は問題ありませんが、AIで執筆した小説を販売したい場合は必要に応じて法的なアドバイスを求めましょう。

 

まとめ|AIを活用して自分の発想を超えた小説を作ろう

Frase.ioは、AIをフル活用したライティングから校正、分析までをシームレスに実行できる高機能なコンテンツ作成プラットフォームです。

AI生成ツールを活用すれば、誰でも簡単に小説や物語の執筆が可能です。
文章を作成してくれるAIアプリやサイトは、たくさんありますが、自分の目的にあったサイトを見つけることが大切です。

Frase.io 公式サイト

 

>>>【関連記事】画像付き!リアルなヌード画像が生成できるオススメAIを9つ厳選!プロンプト例も紹介
>>>【関連記事】日本語対応!ElevenLabsの評判や使い方や登録方法を解説!自分の音声クローンをAIが無料で生成
>>>【関連記事】アニメやリアルな美女を生成!SoulGen(ソウルゲン)の評判や特徴を調査
>>>【関連記事】初心者でも簡単!生成AIでワンピース風のイラストや画像を生成する方法
>>>【関連記事】初心者でも簡単!生成AIでドラゴンボール風のイラストや画像を生成する方法
>>>【関連記事】簡単!AIでジブリ風画像を生成する方法|複雑なプロンプトなし
>>>【関連記事】Suno AIの使い方と評判を調査!歌詞からオリジナル曲を生成できる最新AI

-用途別おすすめAI