用途別おすすめAI

【最強】3Dモデルが自動生成できるAIツールのおすすめ10選!無料で使えて高クオリティ

※ 一部の記事にPRを含みます。
※ 記事内の情報は2024年7月時点のものです。

【最強】3Dモデルが自動生成できるAIツールのおすすめ10選!無料で使えて高クオリティ

 

3Dモデルが生成できるAIアプリが気になる。。。
3D生成に使えるオススメのAIアプリは?

 

AI技術の進化により3D生成の世界が大きく変わりつつあります。

本記事では、最新のAI 3Dジェネレーターの中から、特に注目すべき10個のツールをご紹介!
これらのツールを使えば、テキストや画像、動画から3Dモデルを簡単生成できます。

当サイトの特徴

生成AIに詳しくない初心者でも理解しやすいように、図解を用いた丁寧な解説を徹底!
難しい専門用語や基礎知識を知らなくても、簡単に生成AIやAIツールが使えるサイト構成となっています。

【生成AIの専門チームが監修】実証実験を用いた信頼性の高い情報を発信

【生成AIの専門チームが監修】実証実験を用いた信頼性の高い情報を発信

AIオタクLABOは、プロフェッショナルチームによる生成AIの専門メディアです。
常時100個以上の有料/無料で使える生成AIをテストし、実際に使用可否を検証。

実証実験をもとにした的確なデータを参考にし、記事作成を行なっています。

●AIオタクLABOの信頼性

生成AIの検証に費やした時間

9,470時間+

これまでに検証したAIツールの数

167個

AIを使用して作成した画像の枚数

18,330枚+

生成AIツールのセキュリティ検証の回数

1,870回+

※最終データ更新:2024年7月
※上記画像はCanva AIAnime Geniusで制作

>>>【関連】悪用厳禁!写真を裸にできるアプリのおすすめ10選

【2024年7月最新!】AIで3Dモデルが生成できるアプリとツールのおすすめ10選

無料で使える!顔の入れ替えが可能なディープフェイク生成AIのおすすめ7選

AIを活用すれば、テキスト、画像、動画などの入力から3Dモデルを簡単に作成することができます。
今回は、価格、主要機能、長所と短所を詳しく比較し、最もおすすめできる3D生成AIツールをランキング化しました。

2024年7月最新|オススメの3Dモデル生成AI

最適な用途

テキストから3D

画像から3D

動画から3D

価格

Masterpiece X

全用途に使いやすい3D生成AI

×

×

月額$10.99〜

Rokoko Vision

リアルタイムフルボディモーションキャプチャ

×

×

月額$25〜

Spline

チームプロジェクトでの協業

×

×

月額$9〜

Sloyd

カスタマイズ性能

×

×

無料

3DFY AI

ゲームと建築

一部対応

×

月額$20〜

Luma AI

アート性の高い動画生成

×

月額$29.99〜

Meshy AI

ゲームやアートの3Dアイテム生成に特化

×

×

月額$16〜

DeepMotion

フルボディマーカートラッキング

×

×

月額$15

Ponzu

テクスチャ生成

×

×

無料

NeROIC

高品質な3D形状キャプチャ

×

一部対応

無料

なお、各ツールは以下の機能を有しています。

|各AIツールで使える機能

  1. テキストから3D
    テキスト説明から3Dモデルを生成。
    建築、デザイン、ゲーム開発などの分野で特に有用。
  2. 画像から3D
    2D画像を完全な3Dモデルに変換。
    コンピュータビジョン、VR、エンターテインメント業界に最適。
  3. 動画から3D(一部ツールのみ対応)
    アップロードされた動画から3Dモデルを作成。
    ロボット工学、自動運転車、AR(拡張現実)などに最適。

それでは、各ツールの特徴や機能、価格などを詳しく見ていきましょう。

1. Masterpiece X|全用途に使いやすい3D生成AI

Masterpiece Xは、メッシュ、テクスチャ、アニメーションを備えたアセットを作成できる3D生成AI。
初心者からプロまで、誰でも簡単に3Dアセット作成ができるよう設計されています。

自然言語で対象物やシーンを記述するだけで、AIが3Dモデルを生成。
形状、サイズ、色、テクスチャ、さらにはアニメーションまで細かく指定可能です。

使い方は簡単で、モデルタイプ(オブジェクト、動物、人間)を選択し、形状や色の詳細を追加し、アニメーションの詳細を選んで、3Dモデルを生成するだけ!
Masterpieceのアセットは、Unity、Unreal Engine、Blenderなど、業界標準のゲームエンジンや人気アプリと互換性があります。

メリット

  • 人間モデルのアニメーション機能
  • 100以上のモデルライブラリ

デメリット

  • 建物や風景の生成精度が低い場合がある
  • 事実や過程ベースの出力の改善が必要

価格プラン

Masterpieceは新規登録時に250クレジットを無料で提供しています。
有料プランに登録すると、より多くのクレジットを利用でき、クレジットパックと月額プランの両方を提供しています。

  • 750クレジット:月額$10.99
  • 1,500クレジット:月額$19.99
  • 3,000クレジット:月額$36.99
  • 750クレジットパック(オンデマンド):$15

主な機能

  • 機能的な3Dモデルとアニメーション生成
  • 自然言語処理技術
  • GLB形式でのエクスポート
  • ファイルのアップロードと個人アセットへの保存機能
  • サポートするファイル形式:FBX、OBJ、STL、GLB、GLTF

 

2. Rokoko Vision|フルボディモーションキャプチャに最適な3D生成AI

Rokoko Visionは、無料で利用できる動画から3D生成AIツール。
初心者クリエイターや趣味で3Dを楽しむ人向けに、モーションキャプチャデータの記録とプレビュー、キャプチャしたアニメーションの管理とエクスポートが可能です。

PCのウェブカメラを使用して3Dモーションをキャプチャし、数分でキャラクターにアニメーションを適用することが可能。
また、動画をアップロードすることでも、モーションキャプチャの生成やアニメーション化ができます。

例えば、アップロードした人物の動きを模倣し、キック、ジャンプ、その他の動きをする生き生きとした3Dアニメーションを作成できます。
ただし、素早い動きの動画生成には適しておらず、多少なりとも手動での修正が必要になります。

全体として、動く3Dアニメーションを素早く作成でき、動きの再現精度は高クオリティ。
録画から完成まで、3分ほどで完了します。

メリット

  • Unreal、Blender、Mayaへのライブストリーム機能
  • リアルタイムリターゲティング

デメリット

  • 無料プランのサポートが限定的
  • スタータープランにはライブストリーム機能がない

価格プラン

Rokoko Visionは無料版(Single-cam)と有料版(Dual-cam)があります。
Single-camは完全無料で使用でき、Dual-camは14日間の無料トライアルを提供しています。

  • Starter:個人クリエイター向け無料プラン
  • Plus:小規模スタジオ向け、年間$240または月額$25
  • Pro:中規模チーム向け、年間$6,000または月額$60
  • Enterprise:大規模企業向け、カスタム見積もり

主な機能

  • FBXまたは.BVHファイル形式でのエクスポート
  • Unity、Unreal Engine、Autodesk Maya、Blenderなどの人気アニメーションソフトウェアとの統合
  • フルボディモーションキャプチャ
  • カスタムキャラクターのインポートとリターゲティング機能

 

3. Spline|チームプロジェクトでの協業に最適

Splineは、3Dテキスト、インタラクティブな3D体験、3Dモックアップ、ゲームコントロールと物理、3Dキャラクターデザインを作成できるウェブベースの3D生成AIです。

3Dオブジェクトを簡単に作成でき、オブジェクトの材質を編集したり、アニメーションなどの追加、様々な形式でエクスポートしたりする機能を提供しています。

Splineの大きな特徴は、チームでの協業を重視している点。

3Dモデリングプロジェクトでリアルタイムにチームと協力して個々の権限を設定することができます。
他のデザイナーとファイルをやり取りする必要はなく、Googleドキュメントで2人の編集者が作業するように、同じファイルで作業し、チームメイトの調整をリアルタイムで確認できます。

メリット

  • ドラッグ&ドロップ機能
  • リアルタイムの物理シミュレーションとインタラクション作成が可能

デメリット

  • 無料プランではiOS AR(USDZ)形式でのエクスポートができない
  • ほとんどの3Dプロンプトに有料プランが必要

価格プラン

  • Basic:個人ファイルと1つのチームプロジェクト(最大2つのチームファイルと1チームあたり2人の編集者)が無料
  • Super:年間$288(月1,000 AIクレジット)
  • Super Team:1編集者あたり年間$480(1編集者あたり月2,000 AIクレジット)

主な機能

  • AIによるテクスチャ生成
  • 動画のインポートと動画レイヤー、動画イベントの作成
  • 画像、動画、3Dエクスポート機能
  • デザインを画像(JPG/PNG)、動画ファイル(MP4/GIF)、または3Dエクスポート(GLTF/USDZ)として出力可能
  • 3Dモデリングとアニメーション

 

4. Sloyd|カスタマイズ性能が高い3D生成AI

Sloydは、小道具、武器、収集品、建築アセットを作成できるAI 3Dモデルジェネレータープラットフォーム。
利用可能なカテゴリーからの選択や、テキストボックスにプロンプトを入力することで3Dアセットを生成できます。

現状Sloydは人物、動物、車両、シーンの3Dモデル作成をサポートしていませんが、オブジェクトの作成に特化しており、ゲーム開発者、建築家、アーティストに好まれています。

テキストプロンプトを通して指示を出せば、リアルタイムで変更を反映してくれる使い勝手の良さが大きな魅力です。

メリット

  • 小道具、武器、収集品、建築アセットの生成をサポート
  • エクスポートオプションが充実

デメリット

  • 人物キャラクターのアセットを生成できない
  • ユーザーからの追加入力が必要な場合がある

価格プラン

  • Starter無料プラン:30エクスポートクレジット
  • Plusプラン:ユーザーあたり年間$180(月200エクスポートクレジット)
  • StudioおよびEnterprise:要問い合わせ

主な機能

  • 豊富なジェネレーターライブラリ
  • リアルタイム使用に最適化されたUV展開モデル
  • ゲームエンジン内でのリアルタイム生成用SDKを含む

 

5. 3DFY AI|ゲームと建築分野向け

3DFY AIで3Dモデルを作成するには、カテゴリーを選択してテキストボックスにプロンプトを入力するだけでOK。
ランプ、ソファ、テーブル、オットマン、カトラリー、剣、盾、斧の8つのカテゴリーがあり、各カテゴリーに応じた3Dモデルを生成できます。

メリット

  • 使いやすさ
  • 短時間で高品質な3Dモデルを生成

デメリット

  • 生成されたモデルは生成後72時間のみMy Modelsページで利用可能
  • 特定のカテゴリーに限定されている

価格プラン

  • 都度払い:1モデルのダウンロードにつき$5の定額料金(1ダウンロード、10生成)
  • Basic:年間$180、または月額$20で5ダウンロードと30生成
  • Mid-Range:年間$960、または月額$110で40ダウンロードと400生成
  • Advanced:年間$2,100、または月額$225で100ダウンロードと700生成

主な機能

  • サポートするファイル形式:.glb、.fbx、.blend
  • AIによるテキストから3D生成
  • テクスチャとメッシュの品質調整可能

 

6. Luma AI|数秒で3Dモデルが生成できるAIツール

Luma AIのGenieは、テキストから3Dモデルの生成が可能なクラウドベースの3Dジェネレーターです。
作成したいものについてのプロンプトを入力するだけで、高クオリティな3Dモデルの生成可能。

テクスチャのハイレゾ化もでき、複数タイプのファイル出力にも対応しています。

メリット

  • 月30回の無料3D生成を提供
  • 使い方が簡単で、明確な説明と例を提供

デメリット

  • 生成に長時間かかることがある
  • 他のツールと比べて3D出力のコントロールが限定的

価格プラン

  • 無料:月30回の生成
  • Standard:月額$29.99(月120回の生成)
  • Pro:月額$99.99(月400回の生成)
  • Premier:月額$499.99(月2,000回の生成)

主な機能

  • テキストと画像によるAI 3D動画生成
  • リアルで芸術的な動画
  • 初心者にもわかりやすいプロンプト機能
  • スムーズな5秒間のアクションショット

 

7. Meshy AI|ゲームやアートの3Dアセット生成に特化

ゲームやアートに特化した3Dアセット生成ならMeshy AIがおすすめ。
テキストから簡単に3Dモデルが生成でき、ハイレゾ化やライティングの調整、テクスチャの変更も簡単に行えます。

メリット

  • 無料で200クレジット/月が付与
  • 使い方が簡単

デメリット

  • 一部ファイルに非対応
  • 動画の3D変換は不可

価格プラン

  • 無料:200クレジット
  • Pro:月額$16〜
  • Max:月額$48〜
  • Max Unlimited:月額$96〜

主な機能

  • テキストから3Dアセットを生成
  • 使いやすいアプリ
  • 初心者にもわかりやすいプロンプト機能
  • テクスチャの変換、ライティングの調整可能

 

8. DeepMotion|フルボディマーカートラッキングに最適

DeepMotionは、ダイナミックでリアルな物理ベースのアニメーションを作成できる動画から3D生成ツール。

ハンドトラッキング、フェイストラッキング、さらには複数人トラッキングを通じて、フルボディモーションキャプチャや物理的な相互作用のシミュレーションを含む、生き生きとしたキャラクターアニメーションの作成とシミュレーションが可能です。

メリット

  • 物理シミュレーション機能
  • 手と地面の接触機能

デメリット

  • 無料プランは個人利用のみ
  • モーションスムージング機能はプロフェッショナルおよびスタジオプランのユーザーのみ利用可能

価格プラン

  • 無料:月60クレジットまで
  • Starter:年間$108、または月額$15で月180クレジットまで
  • Innovator:年間$204、または月額$48で月480クレジットまで
  • Professional:年間$468、または月額$117で月1,500クレジットまで
  • Studio:年間$996、または月額$300で無制限クレジット

主な機能

  • サポートする出力形式:fbx、bvh、glb、dmpe、mp4、jpg、png、gif
  • 基本的な表情と手のジェスチャーのトラッキング
  • フルボディマーカートラッキング(顔、手、複数人のトラッキングを含む)
  • フットロッキング機能

 

9. Ponzu|テクスチャ生成に特化

Ponzuは、様々な用途に適した高品質な3Dモデルを作成するAIテクスチャ生成ツール。
生成したいテクスチャのプロンプトを入力するテキストボックスだけの直感的で使いやすいユーザーインターフェースが魅力です。

メリット

  • 多様な用途に適用可能
  • カスタマイズオプションが充実

デメリット

  • 「フェッチに失敗しました」エラーが時々発生
  • 全体的な技術インフラの改善が必要

価格プラン

  • 無料で利用可能

主な機能

  • AIによるテクスチャ生成
  • パラメータを調整して生成されたテクスチャをさらにカスタマイズ可能
  • 鏡面反射光と拡散光の調整が可能

 

10. NeROIC|高品質な3D形状キャプチャに最適

NeROIC(Neural Rendering of Objects from Online Image Collections)は、2D画像から3Dモデルを生成できるAI。
また、動画から3Dシーンを作成することも可能です。

メリット

  • 機能が豊富で包括的
  • カスタマイズ可能

デメリット

  • 製品情報が限られている
  • 初心者には学習曲線が急

価格プラン

  • 無料で利用可能

主な機能

  • 画像から3Dおよび動画から3D生成
  • キャプチャされたオブジェクトの材質プロパティ(鏡面反射と粗さマップを含む)と表面法線を解決
  • 再ライティングと背景シフトが可能

 

おすすめの3Dモデル生成AIを選ぶ際のポイント

おすすめAIツールの選び方とポイント

ファイル形式との互換性、リアルなレンダリング、カスタマイズ性など、3D生成が可能なAIを選ぶ際には重視するポイントが複数あります。
最適な3D生成AIを選ぶ際に重要な点を確認していきましょう。

1. 様々なファイル形式との互換性

業界標準のファイル形式(OBJ、FBX、GLTFなど)との統合は、他の3Dモデリングおよびレンダリングツールとのシームレスな連携のために不可欠。
生成されたモデルを様々なワークフローで簡単にインポートして使用できるよう、幅広いファイルに対応していることが望ましいです。

2. 速度と効率性

3Dモデルの生成は計算集約的なタスクになる可能性があります。
選択するAI 3Dジェネレーターは、最適化されたアルゴリズムと効率的な処理能力を持っていて、迅速に生成できかを確認しましょう。

3. リアルなレンダリング

組織のためにAI 3Dジェネレーターを選ぶ際は、高度にリアルで詳細な3Dモデルを生成できるツールがオススメ。
照明(ライティング)や影、テクスチャ、全体的な視覚要素の調整など、生き生きとした3Dモデルを作成する上で重要な機能を有しているか確認しましょう。

4. カスタマイズ性

生成された3Dモデルをカスタマイズし、微調整する能力は非常に貴重な機能です。
照明から背景、全体的な視覚的コンテキストまで、様々なパラメータやプロパティを調整して、希望するコンテンツが生成できるのかを重視しましょう。

 

まとめ:簡単に3Dモデルが生成できるAIツールを活用して、クリエイティビティを広げよう!

AIによる3D生成ツールが一般的になった今、BlenderやAdobe Substance 3D Designerなどの3Dソフトを使えない方でも、簡単に3Dモデルが作れるようになりました。

テクノロジー愛好家、ゲーム開発者、グラフィックデザイナー、あるいは単に3Dデザインに興味のある人も、わずかな時間と労力で高クオリティな3Dモデルを作ることができます。

最適なAIツールを利用して、お好みの3Dモデルを作成して楽しみましょう!

 

>>>【関連】アニメやリアルな美女を生成!SoulGen(ソウルゲン)の評判や特徴を調査
>>>【関連】初心者でも稼げる!おすすめのAI投資サービスを徹底比較!
>>>【関連】悪用厳禁!写真を裸にできるアプリのおすすめ10選
>>>【関連】AIグラビア写真集の作り方とオススメの生成AI!水着美女をKindleなどで販売する方法も紹介
>>>【関連】商用利用はできる? SeaArt AI(シーアートAI)の評判や使い方を調査
>>>【関連】初心者でも簡単!生成AIでドラゴンボール風のイラストや画像を生成する方法
>>>【関連】アニメとリアル対応!透け乳のAI美女画像を簡単に生成する方法

 

-用途別おすすめAI